アクティビティ

オランダ煎餅 手焼き体験|エクハシおせんべCaféで根室のソウルスイーツを手焼き

つくづく北海道根室市というのは、その地域にしか存在しないソウルフードが多いなと、常々感心しきりなのですが、やはりその国の「端っこ」というのは独自の文化が醸成されやすい土壌があるのでしょうか。

『オランダ煎餅』ってご存知ですか?

江戸時代初期にオランダ商館が置かれていた長崎県平戸市に、同名の「オランダ煎餅」(「煎餅」は漢字表記)、「おらんだ焼き」という菓子があり、これが名前の由来ではないかとされている。平戸では、模様の由来をオランダ人の靴跡をデザインしているから、と言い伝えられている。また、平戸のものは大判(おらんだ焼)、小判(オランダ煎餅)と大小二つのタイプが存在し、根室の「オランダせんべい」に比べ厚く固めに焼かれている。いつ頃から根室で販売されていたのかは定かな資料がなく不明だが、平戸から日本海北上ルートの富山・函館・根室と同じものが伝わっており、明治時代の記述には函館でも売られていた記録がある。最盛期にはたくさんの製造元があったが、次々と撤退し、最盛期から残っているのは「端谷菓子店」のみである。また、市内で旅館と民宿を営むエクハシの宿株式会社ワーキングハウスが、自然の黒糖をメインとしたオランダ煎餅と、期間限定で生チョコ味のオランダ煎餅を売り出している。

※Wikipediaより抜粋

独特の「しなっっっ」とした食感(もちろん最大級の褒め言葉・賛辞)が特徴のこのオランダ煎餅が、焼き立てだとどんな風味、食感なのか? ものすごく興味を惹かれる…。

なんと、エクハシおせんべCaféでは根室のソウルスイーツである『オランダ煎餅』をなんと手焼きできるとのこと。気になりませんか? さっそく体験してきました。

まずはお店の方が原料を作り、専用の容器に詰めてくれます。その間、衛生のために着替え、キャップ着用、手袋をして待機します。

これがオランダ煎餅を焼く専用マシン! 一度に4枚焼くことができます。鉄板は結構熱くなるので注意してくださいね。

店員さんにマシンの使い方を教えてもらい、しっかりと注意事項を聞いたら、この金型に流し込み…。(プレーンと黒糖の2種類があるので好きな方を使ってOK!)

プレス!!! 指示があるまでしばし待機するのですが、徐々に甘くて優しいいい香りが漂ってきます。これは…完成がすっごく楽しみだ…。

焼き上がりはこんな感じです。焼き上がった時はつながっているので、切らずにそのまま食べるのも面白いかも。

こうやってわざと生地を多めに入れて、溢れさせると「ミミ」みたいな部分もできます。これ、お子さんと一緒だと絶対に楽しいですよね! なんか得した気分にもなれます。

できあがりを食べてみると、通常売られているオランダ煎餅よりも、当然ですが少しサクサクしています。そして仄かな甘みがいい感じ。どっちがいいかは好みの分かれるところですが、僕はこっちの方が好きかもしれない…。自分で作ったら愛着も湧きますしね!

ちなみに店内は店名の通りカフェになっていますので、根室観光の小休止にちょうどいいですね。駅前の一等地にあるので、アクセスも良好!

こんなかわいいパンダ焼きも売っていますし、

オランダせんべいにクリームを挟んだネオスイーツも味わうことができます!

 

手焼き体験をしなかったとしても、絶対に行くべきスポットです。友達同士、家族旅行などで特にオススメします!

 

掲載内容は取材当時のものです

オランダ煎餅 手焼き体験

Price:一人2,000円(お土産付き)

TEL:0153-27-1323

Adress:北海道根室市清隆町3丁目

MAP:Google Map参照

ABOUT ME
佐崎 リョウ
佐崎 リョウ
北海道 道東地方の観光振興に従事しながら、独自に道東各地の取材を続ける観光ライター。道東を北へ南へ転々としながら、大自然の中でのびのびと生きている生粋の道東民。「流氷に乗ってアザラシと一緒に流れてきたのを拾った子」と母に言われて育ちました。